ルテイン(ルティン)サプリの選び方
  • ルテイン(ルティン)配合量×吸収力
  • サポート成分
  • 価格・保証などのコスパ

ルテイン(ルティン)配合量×吸収力
ルテイン(ルティン)サプリはルテイン(ルティン)配合量×吸収力をチェックしておくことが大切です。

ルテイン(ルティン)サプリはルテイン(ルティン)の含有量が重要なのはもちろんですが、しっかり体に吸収させるためには吸収力も大事になってきます。

また、ルテイン(ルティン)はいくつか種類がありますが、「フリー体ルテイン(ルティン)が一番吸収力が高いルテイン(ルティン)です。

ルテインくん

ルテイン(ルティン)の種類については別ページで解説しているよ


サポート成分
ルテイン(ルティン)ルテイン(ルティン)だけで摂ることは非常にもったいないことです。

ルテイン(ルティン)一緒に摂る栄養素を工夫することで吸収力を何倍にもすることができます。

一般的にはゼアキサンチン亜鉛ルテイン(ルティン)と相性が良い栄養素です。

ルテインくん

サポート成分で効果倍増!


価格・保証などのコスパ
ルテイン(ルティン)サプリに限らず、サプリは体に合う・合わないがあることがあります。

そのときにできるだけ負担を抑えられるように、価格が安いもの、定期購入の継続縛りがないもの、返金保証がついているものを選ぶようにするのがおすすめです。

また、ルテイン(ルティン)サプリは継続することで効果を実感できるものなので、お財布と相談して継続できる価格のものを選ぶようにしましょう。

ルテインくん

安いのが嬉しいよね


厳選!人気ルテイン(ルティン)サプリを徹底比較

人気のルテイン(ルティン)サプリルテイン(ルティン)やサポート成分などの「成分」と初回価格や保証などの「価格」でグラフに示しています。

ルテイン(ルティン)サプリ比較

ルテインくん

左上にあるルテイン(ルティン)サプリほど「成分がよくてコスパが良い」ということだよ

ルテイン(ルティン)サプリの比較表

商品名 ルテイン(ルティン)の量・質・吸収力 サポート成分 価格 保証など
めなり 二重丸 二重丸 907円~ 30日保証
定期縛りなし
なごみアイ 丸 丸 1,980円~ 定期縛りなし
一望百景 丸 三角 1,620円~ 定期縛りなし
Lutein40mg 丸 三角 3,980円~
朝のルテイン(ルティン)&プラセンタ 三角 三角 500円~
(5日分)
30日保証
3回縛り

本当におすすめできるルテイン(ルティン)サプリランキング

  1. めなり

    めなり

    成分の量と質が圧倒的!
    最高峰のルテイン(ルティン)サプリ

    • 最高品質のルテイン(ルティン)がたっぷり
    • 亜鉛・特許ビルベリーがルテイン(ルティン)の吸収力UP
    • 縛りなし・返金ありの907円から始められる
  2. なごみアイ

    なごみアイ

    見る力をしっかりサポート!
    特許技術で作られたルテイン(ルティン)サプリ

    • 特許技術で抽出した高品質ルテイン(ルティン)
    • ゼアキサンチン・クロセチンがルテイン(ルティン)をサポート
    • 定期縛りなしの1,980円から始められる
  3. 一望百景

    一望百景

    コスパNo.1ルテイン(ルティン)サプリ
    安く続けられるルテイン(ルティン)サプリ

    • フリー体ルテイン(ルティン)たっぷり20mg
    • 沖縄産の健康原料を贅沢に使用
    • 1,620円で続けられる圧倒的コスパ
  4. Lutein40mg

    ドクターズチョイスLutein40㎎

    サプリの先進国アメリカで製造
    直販売のみにこだわるルテイン(ルティン)サプリ

    • サプリ大国アメリカのルテイン(ルティン)サプリ
    • ルテイン(ルティン)配合量が圧倒的40mg
    • 90日間全額返金保証付き
  5. 朝のルテイン(ルティン)&プラセンタ

    朝のルテイン&プラセンタ

    圧倒的ルテイン(ルティン)配合量!
    ゼリーで始めるルテイン(ルティン)生活

    • ルテイン(ルティン)配合量TOPの40mg
    • プラセンタで若々しさサポート
    • 美味しく続けるゼリータイプ

くっきりはっきりを目指したアイサプリ「めなり」

めなり

  • 最高品質のルテイン(ルティン)がたっぷり
  • 亜鉛・特許ビルベリーがルテイン(ルティン)の吸収力UP
  • 縛りなし・返金ありの907円から始められる
ルテインくん2

適切なルテイン(ルティン)量と充実したサポート成分でくっきりはっきりを手に入れよう!

ルテイン(ルティン)の基礎知識

ルテイン(ルティン)には種類がある?良いルテイン(ルティン)の種類とは?

ルテインの種類

ルテイン(ルティン)といっても、幾つかの種類があります。

人の体に存在しているのと同じ形態のルテイン(ルティン)が「フリー体ルテイン(ルティン)」です。

吸収力が一番優れているのがこの「フリー体ルテイン(ルティン)」なので、ルテイン(ルティン)サプリを選ぶときはフリー体ルテイン(ルティン)が含まれているものを選びましょう。

ルテイン(ルティン)の適切な摂取量は?過剰摂取になるのはどれくらい?

ルテイン(ルティン)の目安摂取量まとめ
  • 目の病気の予防が目的であれば1日当たり6mg〜10mg
  • アメリカ検眼協会による見解では1日に10mg
  • アメリカの農務省では1日4mg〜7mgが推奨されている

ルテイン(ルティン)のおすすめ摂取量は10mg程度です。吸収力のことも加味すると10mg〜20mgが適切になります。

日本でもアメリカでも、ルテイン(ルティン)の明確な摂取量は決められていませんが、過剰な摂取は逆効果です。

ルテイン(ルティン)の吸収力をあげるには?ルテイン(ルティン)を効果的に吸収する飲み合わせやタイミング

ルテイン(ルティン)は飲み方や飲み合わせを工夫することで吸収力をアップさせることができます。

吸収力をよくするなら食後、飲み合わせを考えるならゼアキサンチンや亜鉛を一緒に摂るようにします。

目だけじゃない!?ルテイン(ルティン)の効果

ルテイン(ルティン)の効果

ルテイン(ルティン)には目への効果はもちろん、目以外にも様々な効果があります。

認知症やアルツハイマーなどの「脳」への影響、肌や髪にも良い影響を与えます。

詳しくはルテイン(ルティン)の効果についてまとめているページを参照してみてください。

ルテイン(ルティン)と眼病・目の不調

疲れ目・眼精疲労

いわゆる「目が疲れる」疲れ目・眼精疲労。

疲れ目がひどくなると眼精疲労になり、眼精疲労がひどくなると目だけでなく、肩こりや頭痛など体にまで影響が出てきます。

ルテイン(ルティン)はピント調節機能を助ける効果があるので、疲れ目・眼精疲労にも効果的です。

ドライアイ

コンタクトやスマホの使用時間が増えてきたことで、ドライアイになる人が増えています。

市販の目薬をさしておくなどの、一時的な対策ではどうしようもありません。

正しく知識を付けて、正しく対処することが大切です。

老眼

早い人では30代、遅い人でも50代ではほとんどの人が悩む老眼。

いままで普通にできていた生活ができなくなるのはかなり不便なことです。

老眼を完全に治すことはできませんが、目の疲れをとったりしてあげることで「症状が緩和された」ということもあります。

ルテイン(ルティン)と飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症は画像のように、常に視界に何かが浮いているように見える眼病です。

透明なものが見える人もいれば、黒いものが見える人もいます。

飛蚊症には治療が必要なもの(病的)、治療が必要でないもの(生理的)がありますが、病的なものは眼科で治療する以外に選択肢はありません。

治療が必要ない生理的な飛蚊症は、ルテイン(ルティン)などで目の環境を整えることで改善したという人もいます。

ルテイン(ルティン)と白内障

白内障はその名の通り、目の中のレンズ(水晶体)が白く濁って、視界も白く濁って視力が低下する眼病です。

白内障の原因は「加齢」ですが、これは長年の「光」のダメージが蓄積していることが原因になります。

ルテイン(ルティン)は紫外線やブルーライトから目を守る効果があるので、特にスマホを使う若い世代には欠かせない成分です。

ルテイン(ルティン)と緑内障

緑内障は失明の原因になる恐ろしい眼病です。

日本眼科学会によると、日本人の失明原因の第一位が緑内障、そして40代以上では20人に1人が緑内障になっています。

緑内障の原因は視神経の老化と眼圧が上がることです。

ルテイン(ルティン)は強い抗酸化作用をもっているので、視神経の老化を防ぐことができます。

ルテイン(ルティン)と加齢黄斑変性

加齢黄斑変性も失明につながる眼病で、加齢が原因の1つです。

加齢黄斑変性の原因になる「加齢」も、加齢によって目に「光ストレス(ダメージ)」が蓄積したり老廃物が蓄積したりすることが関係しています。

ルテイン(ルティン)は目を光のダメージから守る効果が認められているので、加齢黄斑変性の予防とも深いつながりがあります。